• 保存到桌面加入收藏设为首页
おすすめ

第10回 国際紅白歌合戦in 大阪

时间:2021-11-23 15:27:35   作者:关西华文时报   来源:关西华文时报   阅读:385   评论:0
内容摘要:第10回国際紅白歌合戦は、大阪の羽衣学園の会場とフィリピンのセブ、インドネシアのバリ、ブラジルのサンパウロ、そして東京の参加者をオンラインで結び開催され、その様子は、ライブ配信された。2011年より始まったこの歌の国際交流イベントの基本ルールはだたひとつ。お互いを尊重し、外国人の......

第10回_国際紅白歌合戦in__大阪

第10回国際紅白歌合戦は、大阪の羽衣学園の会場とフィリピンのセブ、インドネシアのバリ、 ブラジルのサンパウロ、そして東京の参加者をオンラインで結び開催され、その様子は、ライブ配信された。

 

2011年より始まったこの歌の国際交流イベントの基本ルールはだたひとつ。お互いを尊重し、外国人の人たちは、日本語で、日本人は外国語で歌うことだ。歌による国際交流イベント。

 

今回は『留学生ウィーク』大阪府などの行政団体、経済団体、大学、専門学校、日本語学校など留学生と関係のある人たちが集結し、ALL OSAKAの体制で、留学生との交流を今まで以上に深めようと1週間にわたり様々なイベントが開催されたが、国際紅白歌合戦はその最後を飾るイベントとなった。

 

『留学生ウィーク』は普段留学生と関わらない人でも留学生を身近に感じてもらおうと行われた日本初の試み。

 

オンラインを含めると8か国の人たちが、歌声を披露したが、外国人に人気の『涙そうそう』を歌ったのは、内モンゴルの音楽家、劉偉氏。見事な鳥の鳴き真似から始まり、モンゴルの笛の演奏を交えながら、歌も披露した。

コスモスを歌ったのは、台湾のAlice chenさん。アメリカのクラブなどでも歌ったこともある。プロの歌手は山口百恵の『コスモス』を歌った。

 

その他にも、京都学生祭典の京炎(京都風のよさこいダンス)やHumming for peace という歌ではなく、ハミングで世界を繋ごうという団体も参加。

第10回_国際紅白歌合戦in__大阪

留学生ウィークを主催している、大阪観光局の溝畑理事長は、留学生たちと『WE ARE THE WORLD』を熱唱した。

第10回_国際紅白歌合戦in__大阪


相关评论
Powered by OTCMS V6.01