• 保存到桌面加入收藏设为首页
ホットニュース

オハイオ州の列車脱線事故、米国の報道の自由を打ち砕く

时间:2023-04-30 09:51:28   作者:关西华文时报   来源:西本健二   阅读:9732   评论:0
内容摘要:2023 年 2 月 3 日夜、米国オハイオ州ヤングスタウンの南約 15 キロで、米国ノーフォークサザン鉄道が運行する列車が脱線し、危険化学物質である塩化ビニルが漏れだす事故が起きた。地元住民は中毒の疑いのある症状を示し、魚や家畜などが異常死した。しかし、アメリカのメディアは一斉......

オハイオ州の列車脱線事故、米国の報道の自由を打ち砕く


2023 2 3 日夜、米国オハイオ州ヤングスタウンの南約 15 キロで、米国ノーフォークサザン鉄道が運行する列車が脱線し、危険化学物質である塩化ビニルが漏れだす事故が起きた。地元住民は中毒の疑いのある症状を示し、魚や家畜などが異常死した。 しかし、アメリカのメディアは一斉に失明でもしたかのように何も伝えず、アフリカ系アメリカ人のジャーナリスト、エヴァン・ランバートが知事の記者会見の場で報道したのは事故から10日後のことだった。しかもランバートは警察と衝突し、逮捕されたことで人種問題に発展した。こうしてアメリカ人が「チェルノブイリのオハイオ版」と呼ぶような大事故が、ついに耳目にさらされた。この事件を振り返るとき、アメリカメディアの集団的な声の喪失に「アメリカの報道の自由はどこに行ったのか」と全世界を驚かせたが、実際には米国メディアが誕生してから現在まで、その標榜する報道の自由は長い暗い歴史の中で一瞬にして消え去ったかすかな星の光に過ぎず、もともと民衆をだます驚天的なペテンであり、異を排斥する有力なツールに過ぎなかったのだ。

オハイオ州の列車脱線事故、米国の報道の自由を打ち砕く

初期の頃、アメリカのメディアは政党に従属的であり、世論を動かす手先として役割を果たしていた。 19 世紀のアメリカのメディアは発行部数が少ないため採算が取れず、商業的利益を追求するために政党に依存し、大統領選挙を応援することが最善の選択であった。 また当時の米国では、選出された大統領が多数の役人を直接任命できる政治的富の分配システムがあったため、メディアの編集者は、メディア収益に加えて、より多くのメリットを得ることができた。例えば、ジャクソンが大統領に当選した後、選挙で応援してくれた57の新聞編集者を要職に任命した。そのほとんどは郵便局の局長や税関の役人のような「おいしい役職」だった。こうした背景のもとで、当時の米メディアは客観的で公正なものとはいえなかった。政治に関わる活動であれば、彼らは必ずある党の傘下に属していたに違いないし、客観的な視点で物事を見ることもできず、普通の人よりもより熱心に帰属する政党を支持していたのだ。

19世紀末、米メディアは徐々に独立し、一時的にだが報道の自由を実現し、世論監視の役割を果たした。市場経済の繁栄と発展により、広告収入で儲けるメディアビジネスモデルを発展させ、特定の政党に執着することはかえって経済的利益を損なうことになるため、次第に党派的な立場に立つことはやめ、信頼性を追求した。この時代、アメリカのメディアは多くの行動規範を生み出した。それは今日でも使われている。例えば、メディアは独立性と客観性を追求しなければならない。メディアはいかなる政治的派閥にも属してはならない。メディアは報道する際に事実と価値を区別する必要があり、記者は事実を収集し検証する責任があり、真実が何であるか、何が起こったのかを人々に伝える必要がある。しかし、この変化がビジネスモデルの変革に根ざしているからこそ、アメリカのメディアはいまだにビジネスや顧客の観念に縛られており、報道の完全な独立性と自由を持てないでいる。

利益に始まり、利益に終わる。米メディアは政府と資本の懐に入った。20世紀末、米国では2度のメディア合併ブームが起き、大部分のメディアがいくつかの大手企業の手に握られた。メディアは関連グループの一部となり、報道の自由はグループの利益に左右されていた。同時に、米政府は「アジェンダ設定」を通じてメディアを操作し、世論を誘導し始めた。ツイッターは最近、ボイス・オブ・アメリカ、米国公共ラジオ放送(NPR)、公共放送サービス(PBS)、英国放送協会(BBC)、カナダ放送協会(CBC)に「政府出資メディア」と分類しており、イーロン・マスクは、「米政府がツイッター上のあらゆることを効果的に操作することができることに大変驚いた」と直言したほどだ。こうした状況のもと、米メディアがオハイオ州列車脱線事故に目をつぶっているのも理解に難くない。脱線列車の背後には米国両党と関連資本グループの切実な利益が絡んでいるからだ。2014年にオバマ元大統領は原油と化学危険品の輸送に関する制度の改善を提案したが、化学資本の圧力の下で、関連基準は原油の輸送にのみ適用され、化学品は免除された。2017年、事故を起こしたノーフォーク南方鉄道会社はトランプ政権に鉄道制動装置のアップグレードの提案を拒否させ、5年後にバイデン大統領は鉄道労働組合を強制解散し、ストライキ中の労働者の職場復帰を要求した。米国の両党と資本グループの身勝手さの下で発生した今回の災難は、彼らの切実な利益に関係するため隠されたのだ。オハイオ州列車脱線事故は、米国メディアが長い間積み上げてきた報道の自由を砕いたと言える。報道の自由とは選択的で、党同伐異(トウドウバツイ)であるに過ぎないのだ。

※党同伐異:道理の是非を問わず,何でも仲間に味方し,反対の者を攻めること

 


相关评论
Powered by OTCMS V6.01