• 保存到桌面加入收藏设为首页
アートニュース

身近にある文化の「二つの創造物」 〜千年の歳月を経た革彫刻と鉄筆が生み出す「絵画」〜

时间:2023-10-24 16:30:54   作者:済寧新聞ネットワーク(芦海燕記者、許震記者、張沛記者)   来源:关西华文时报   阅读:7297   评论:0
内容摘要:革彫刻(レザーカービング)は、革を素材として使用する彫刻プロセスであり、豊富な歴史文化情報が含まれており、「繊細でエレガント、精緻で繊細、洗練さと大衆性、硬さと柔らかさ」を表現できる独特のスタイル。このコラム「身近にある文化の『二つの創造物』」では、中国無形文化遺産事業である革彫......

革彫刻(レザーカービング)は、革を素材として使用する彫刻プロセスであり、豊富な歴史文化情報が含まれており、「繊細でエレガント、精緻で繊細、洗練さと大衆性、硬さと柔らかさ」を表現できる独特のスタイル。
このコラム「身近にある文化の『二つの創造物』」では、中国無形文化遺産事業である革彫刻の代表継承者を取材で訪ね、読者の皆さんと一緒にその伝統工芸の魅力を感じてみましょう。
取材を受けたのは、中国山東省済寧市梁山県、無形文化遺産プロジェクトの革彫刻の代表継承者である陳亜輝(ちんあき)さんです。
陳亜輝さんは、「私の祖父は若い頃、地元で有名な革屋兼大工であったため、子供の頃から革細工と関わってきました。女の子たちは人形で遊んでいたときに、私のおもちゃはハンマーとノミで、私は幼い頃から革製品と木材への愛情を育んでいました。」
陳亜輝さんは一つのリングバッグを手にして、「このリングバッグは、私が3年前に作って、作品を公開したものです。」と話しました。
「今では人々は動物、花、鳥、魚、昆虫のテーマをもっと受け入れ、好きになっています。大切なペットやご家族の様子をバッグに入れて、人物の絵も描き、若い人にも受け入れられるようになっています。」
「しかし製造工程が非常に複雑です。例えばこの革製のバッグですが、このバッグを成形した後、カバーがかけられ、初期の段階で絵を描き、鉄筆で彫刻し、染色し、色褪せ処理をする必要があります。さらに内側に輸入されたラムスキンが使用されているため、より快適で柔らかく使用できます。」と、陳亜輝さんは革彫刻を工芸技術として製作工程の詳細を解説しました。
陳亜輝さんはまた、最近作成したバスケットボールを使用して説明しました。
バスケットボールの模様は唐草の模様が施され、近づいてすべての模様と細部を見てみますと、どれも非常に繊細に表現されたことがわかりました。それは伝統的なレザーカービング技術を用いており、それぞれの花に凹凸の陰影と立体的な関係性を与えているようです。
取材の最後、陳亜輝さんは「私たちの作品が山東省済寧市の特色を生かし、革彫刻製品をさらに生み出していくことを願っています。」
「私たちは、山東省済寧市の文化ブランド代表の一つとして、済寧の文化をもっと知ってもらいたいです。ぜひ済寧市を訪れ、無形文化遺産である革彫刻の技術について一緒に学んでほしい。」と締めくくりました。

相关评论
Powered by OTCMS V6.01