• 保存到桌面加入收藏设为首页
アートニュース

日中友好和歌山市議会議員連盟会長芝本和己:平和の夢

时间:2024-04-23 05:02:56   作者:日本大阪   来源:日本大阪   阅读:2499   评论:0
内容摘要:今年、日中平和友好条約の発効から45年を迎えました。この間、日中間では多くの出来事がありましたが、様々な懸案事項を抱えながらも経済活動や民間交流は続いています。先日は、薛剣総領事が和歌山県にお越し下さいまして、副市長との懇談が行われました。和歌山市の事業といたしましては、2名の女......

日中友好和歌山市議会議員連盟会長芝本和己:平和の夢


今年、日中平和友好条約の発効から45年を迎えました。

この間、日中間では多くの出来事がありましたが、様々な懸案事項を抱えながらも経済活動や民間交流は続いています。
先日は、薛剣総領事が和歌山県にお越し下さいまして、副市長との懇談が行われました。和歌山市の事業といたしましては、2名の女性が、友好都市済南市の山東大学に、この9月より一年間の予定で留学をさせて頂いております。来年2月には45周年の記念事業も市内で行われる予定です。
和歌山県日中友好協会では紀三井寺における「顕彰式典」他、各種事業が再開され、年明けには恒例の「新年互礼会」、「餃子会」も行われる予定です。

私個人としましてもこれまで、大阪総領事館主催の北京、西安、上海への「関西地域訪中団」に団長として参加させて頂いた他、先月は華僑の方々のお招きで伺いました「福建省福州市・福清市」ではまた新たな交流と出会いの場となりました。

少し話は変わりますが、私は国際交流をつきつめますと「平和」であると考えています。
ユネスコ憲章の前文には次のように書かれています。
 「政府の政治的及び経済的取極めのみに基く平和は、世界の諸人民の、一致した、しかも永続する誠実な支持を確保できる平和ではない。よって平和は、失われないためには、人類の知的及び精神的連帯の上に築かなければならない」

これは国と国の一時的な政治や経済的な結びつきによって生まれる平和は、未来永劫続くものではなく、大切なのは人として、親が子を想う気持ちのように、万国共通の人類の思いこそが大切である、とういうことです。
 親からすれば、一日の終わりに願うことは「今日も一日、この子たちをお守り頂きありがとうございました。明日もどうぞ宜しくお願い申し上げます」ではないでしょうか。
 ロシアとウクライナ、イスラエルとガザでは凄惨な状況が今も続いており、多くの子どもたちの命が失われています。この状況に心を痛めない方はいないと思います。
 残念ながら、平和は努力無くして成り立たないものなのかもしれません。
その為の努力をこれからも続けていきたいと思います。
日中友好和歌山市議会議員連盟 会長
和歌山県日中友好協会 理事長
和歌山ユネスコ協会 会長 
芝本 和己(しばもと かずき)


相关评论
Powered by OTCMS V6.01