• 保存到桌面加入收藏设为首页
アートニュース

職人魂を見せる一瞬のナイフ

时间:2024-04-23 05:05:46   作者:日本大阪   来源:日本大阪   阅读:5498   评论:0
内容摘要:ハサミと赤い紙、そして巧みな手つきで、カラフルな世界が切り取られる。最近、陵城区の “朔の故郷 “文化産業センターでは、地方の非伝統的なプロジェクト “朔の故郷 “切り絵芸術の継承者石万照は、巧みに細かい彫刻を切った。今年34歳の石万照は、切り絵の家に生まれた。彼女の父、石成才は......

職人魂を見せる一瞬のナイフ

ハサミと赤い紙、そして巧みな手つきで、カラフルな世界が切り取られる。最近、陵城区の “朔の故郷 “文化産業センターでは、地方の非伝統的なプロジェクト “朔の故郷 “切り絵芸術の継承者石万照は、巧みに細かい彫刻を切った。

今年34歳の石万照は、切り絵の家に生まれた。

彼女の父、石成才は切り絵に夢中で、切り絵ブランド「朔の故郷」を立ち上げた。

『賢者の行動』、『賢者東方朔』、『桃仙伝説』など、強い生命感と芸術的影響力に富んだ作品を次々と生み出している。

東方朔にまつわる26の物語からなり、賢者の生涯を生き生きと想像力豊かに表現している。

また、石万照は新世代の切り絵職人の育成にも力を入れており、徳州市内に28の教育ユニットを設け、7万6千人以上の教師や学生を訪問する展示会を開催し、伝統文化の継承と普及に努め、より多くの人々に無形文化遺産と「朔の故郷」の切り絵を理解してもらう。

1998年に設立された切り絵ブランド「朔の故郷」は、モノクローム、ハンドメイド、書道とファインアートの融合で、伝統的な切り絵芸術をよりユニークで繊細、個性的なものにしている。

無形文化遺産は人を中心とした生活文化遺産であり、「朔の故郷」の切り絵は技術を継承すると同時に、革新し続け、時代と歩調を合わせることで、世界の人々に切り絵の芸術を理解してもらい、中国の伝統文化を理解してもらう。

これまでに、「朔の故郷」切り絵は中国文化部重点文化産業プロジェクト第一陣の一つに選ばれ、第一回文化消費シーズンでは山東省の最も人気のある文化創意ブランドに選ばれた。



相关评论
Powered by OTCMS V6.01